www.grillage.biz

クルマを持っている方は分かっていると思いますが、自動車税の納税義務があります。それで自動車税は、査定に出す車の買取時に還ってくるのです。こういった内容は実際にやるとすぐ理解できますが、それでは一から順を追って詳細に説明したいと思います一応記載すれば日本の車だけでなくドイツ車等も税が還付される範囲になってきます。これは所有車についてもそうですね。自動車税というのは車を所有している人が支払わなければならない税金ですが、この金額は自動車の排気量によって規定されています。1リッターより小さいのであれば29500円となり、1リッターから1.5リッター以下までが34500円。これ以上は500ccずつ5000円が乗ってきます。これは4月1日現在ので車を所有している人が、今年度の税額を払うことになります。ということは前払いということなので、勿論ですが自動車を売却して、オーナーでなくなった場合には先に払った分の税額は返還されるということです。この税というのは前払いで来年3月までの税額を納めますので年度内に自動車を引き取ってもらった場合には入れ替わった保有者がお金を納めなければいけないのです。買い取った相手が中古車買い取り専門店でしたら、売却した際に自分が前払いしている分の税額を返金してもらえます。所有権を手放した瞬間より後の税金は、権利が移った所有者が払わなければなりません。もし10月に自動車を引き取ってもらった際は11月以降来年3月いっぱいまでの税金は返金されます。というのも、前述の通り自動車税という税金は先払いであるということによるものです。つまり前所有者は買取先に自動車税を返してもらうということになります。業者を介さずに自動車を売却する際に意外にこのような大切な事実に気付かない人が多くいるため、確かめるようにしてください。自動車税という税金はクルマを売った際に戻ってくることを意外と知っている人がいないからと言ってそれを隠す悪徳業者もあるのです。こちら側から返金に関しての話をしなければ全く自動車税のことについて触れないという場合もしばしば聞きます。ですからクルマの売却をする場合は、払いすぎた税金が返金されるのかどうかの確認をおろそかにしないようにしなければなりません。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.grillage.biz All Rights Reserved.