www.grillage.biz

クルマを手放す時や、さらに愛車の処分時も印鑑証明というものが必要になってきます。この印鑑証明というものに関して説明していきます。印鑑証明書とはある印鑑が実印として認められているということを裏付けるためのものです。この印鑑証明がない場合には使っている印鑑が実印として効力を持つという事実がわかりません。大金が動く商談になる中古車の売買ですので、必然的に実印が要ることになりますがその際に印鑑証明書が要るのです。印鑑証明という書類をつくるためにははじめに印鑑証明しなければなりません。印鑑証明に登録する印鑑は通称、実印と呼ばれていて、唯一無二の判子である必要があります。この実印を手配して、市町村役場の受付へいけば印鑑登録をすることができます。印鑑登録をすれば、印鑑登録カードが交付され、その印は実印として認められたということになります。印鑑証明、正式名称は印鑑登録証明書を交付してもらうためには市役所などへ出向き、専用の書類に必要項目を埋めて印鑑登録カードを持参するだけで大丈夫です。また自動交付機でも印鑑証明書を発行してもらうことができます。印鑑証明には期限切れなどはありません。ですから、いつ取得した印鑑証明であろうが効力は消えないということです。しかしながら、中古車買い取りのときには必要となる印鑑証明は三ヶ月以内に交付されたものとされています。普通は有効期限を気にする必要はありませんが、車の買い取りの時は買い取り先が必須となる有効期限を定めていますので、仮に自動車買取を予定しているのであれば、買い取りが成立する前に手元に置いておくとスムーズに進みます。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.grillage.biz All Rights Reserved.